送料580円
※北海道・沖縄・離島含む
はじめにお読みください

コラム

2020/10/16 10:43

有田焼 創業400年を記念して誕生した「麟・Linシリーズ」陶器なのにメタリックで幻想的なタンブラーや酒器、お皿の数々。

「麟Lin-」のコンセプトは「非日常」。これまでに見たことがない美しい瞬間を提供します。有田焼の歴史は今から約400年前、日本で初めての白い磁器が、九州の北西部、佐賀県有田の地で誕生しました。2016年の創業400年を機に、有田焼は新しい境地を求め、モダンで妖艶な質感と色彩の「麟・Linシリーズ」が誕生しました。

とても磁器とは思えないメタリック感。独特のテクスチャー。見る角度で色味を変える幻想的なカラーリングは、いくつもの試行錯誤の上にできあがった、ひとつの到着点。 しかし、その製作プロセスは伝統技法そのもの。長年培ってきた赤絵職人の技が、クセの強い素材を生かします。

パールの光が美しい色を発し、非日常の空間と癒しをもたらします。光と影のコントラストを、ぜひ手に取って楽しんでいただきたいお品です。手作業のため、表面の凹凸や色合い、筆の刷毛あとなど、一つ一つ異なります。予めご了承くださいませ。










〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町6-89 尾上町スカイビル2F
TEL: 045-640-0731
FAX: 045-640-0732
E-mail:info@harand.jp